美容整形の看護師になるには|容姿や年齢制限・接客スキルは必要?

美容整形の看護師になるには|容姿や年齢制限・接客スキルは必要?

美容整形に勤務している看護師さんは、皆きれいなイメージがありますよね。

白衣が似合って、清潔感のある印象がもたれます。

もしかするときれいな人しかなれないのでは? などと感じてしまうほどです。

そんな憧れの職業とも思われる美容整形の看護師さん。

いったいどうやったら美容整形で看護師として働けるのでしょうか。

一般病院の看護師とはどう違うの? なるための条件とは?

こちらの記事では、気になる美容整形の看護師について紹介します。

目次

美容整形の看護師とは|大きく分けて2つ

美容整形の看護師とは|大きく分けて2つ

美容整形の看護師と一口に言っても、大きく分けて2つあるのです。

そもそも美容整形医院には、以下の2つがあります。

  • 美容皮膚科
  • 美容整形外科

看護師においては仕事内容も異なりますので、それぞれ説明していきましょう。

美容皮膚科|医療脱毛・レーザー治療・美白

美容皮膚科は、肌を美しくするところです。

つまり美肌の専門医院になります。

基本的には外科的な手術などは行われず、美容皮膚科医によって肌の悩みを改善していくのです。

美容皮膚科で働く看護師の仕事内容としては、注射やレーザー治療などがおもな業務になります。

美容皮膚科でおこなわれる施術は以下のとおりです。

  • ニキビ
  • シミ
  • くすみ
  • シワ
  • たるみ
  • 脱毛

美容外科|二重術・鼻の整形・脂肪吸引

美容整形外科は、たとえばまぶたの二重術や鼻を高くするなど、外科的な手術によって身体を美しく整えるのです。

美容整形外科には以下のような手術があります。

  • 二重術
  • 鼻整形
  • 小顔整形
  • 脂肪吸引
  • バストアップ

美容整形外科では、おもに手術が行われます。

そのため看護師の仕事内容は、手術の介助を中心とした業務です。

美容整形の看護師になるには

美容整形の看護師になるには

美容整形の看護師になるためには、どのような条件が必要なのでしょうか。

美容整形の看護師になるための条件を紹介します。

一般病院勤務経験が必要な場合も多い

美容整形の看護師になるには、一定期間の一般病院勤務経験が求められる場合も多々あります。

なぜなら美容整形の看護師の場合、往々にして即戦力が求められるからです。

たとえば新卒で美容整形に採用され、一から研修をおこなってくれる医院はなかなか見つからないでしょう。

個人医院の場合、日々の業務に追われ新人を育てている余裕はありません。

採用側としては、働き出したらすぐにでも注射や処置ができる看護師を望んでいます。

そのため一定期間の病院勤務経験のある看護師が求められ、それを条件としている医院も多いのです。

美容整形の看護師採用における年齢制限とは

美容整形の看護師採用には年齢制限があるのでしょうか。

美容整形の看護師採用には、とくに年齢制限があるわけではないのですが、あまり年齢が高いと採用されにくい傾向にあります。

だからと言って、若ければいいといった問題でもありません。

看護師の資格をとってから、必要最低限の臨床経験を経てからでないと採用されることは難しいといえます。

もしも美容整形で看護師として働きたいのであれば、まずは一般病院で臨床経験を積み、そしてあまり年齢が高くならないうちに美容整形の採用にチャレンジするのがよいでしょう。

美容整形の看護師に接客スキルは必要?

美容整形の看護師はある程度の接客スキルが必要です。

なぜならば美容整形を訪れる患者は、どちらかというと「お客様」的な存在だからです。

通常、一般の病院なら治療に訪れる人は病気を治すために来院する「患者」ですから、まずお客様扱いはされません。

しかし美容整形の場合は少し一般の病院とは様相が異なるのです。

患者のカウンセリングや精神的なサポートに加えサービス精神も必要となります。

そのため美容整形の看護師には、接客スキルは必要と言えるでしょう。

接客が苦手な人は、接客スキルを身に付けることが必要です。

美容整形の看護師と病院看護師の違い

美容整形の看護師と病院看護師の違い

美容整形の看護師と一般病院に勤務する看護師は、以下の点で違いがあります。

  • 勤務時間:日勤が中心で夜勤がない
  • 勤務形態:土日祝日、年末年始も出勤

では美容整形看護師のメリットとデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

美容整形の看護師のメリット

美容整形の看護師のメリットは以下のとおりです。

  • 夜勤がなく日勤メインの勤務となるため、生活リズムが整う
  • 施術を受けたりコスメを試したりするなどして自分もきれいになれる
  • 急患の対応がない
  • 美への意識が高まる
  • 命に関わる患者ではないので精神的負担が少ない

美容整形の看護師のデメリット

美容整形の看護師のデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

一度美容整形の看護師になってしまうと、一般病院勤務の看護師には戻りにくくなるといわれています。

なぜなら病院勤務には夜勤があるからです。

日勤続きの勤務形態に慣れてしまうと、夜勤をともなう勤務形態に戻ることは難しいのでしょう。

その他のデメリットは以下のとおりです。

  • 土日は休めない
  • 管理職になるのは難しい(管理職そのものが少ない)
  • 来院者に対して、患者ではなくお客様としての接遇が必要である
  • クレームに対応しなければならない
  • 一般的な医療のスキルは身につかない
  • ノルマが課せられる場合もある(コスメの販売、施術数、指名の数など)
  • 美容整形勤務期間は臨床経験年数と認められないことが多い

美容整形の看護師|年収はどれくらい?

美容整形の看護師|年収はどれくらい?

美容整形に勤務する看護師の年収はどれくらいでしょうか。

一般的には、美容整形の看護師の年収は高いとも言われています。

また美容皮膚科と美容外科を比較すると、美容外科の方が年収の高い場合が多いです。

なぜならば美容外科は外科手術の経験が求められ、また実際に外科手術の補佐ができなければなりません。

そのため給与も高くなるのは当然といえるでしょう。

美容整形の看護師の実際|容姿で採用?仕事はきつい?

美容整形の看護師の実際|容姿で採用?仕事はきつい?

美容整形の看護師に採用される人の実態はどのようになっているのか、気になりますね。

採用されるには高倍率の難関となるのでしょうか、やはり美容整形では美人しか採用されないのでしょうか。

気になる美容整形で働く看護師の実際の部分を紹介します。

美容整形の看護師は美人しかなれない?

美容整形の看護師は、容姿の整った人が多いように感じます。

しかしながら実際に容姿が整っているというよりも、美容に対するリテラシーが高いかどうかが大切でしょう。

顔の造形そのものが美しいかどうかではなく、清潔感があるとか身ぎれいにしていることが大切だと言えます。

美容整形に訪れる人は、美への意識が高い人ばかりでしょう。

そこで働いている看護師への注目度も自然と高くなるのは当然のことです。

身だしなみを整えることは基本的な部分ですが、言葉遣いなどにも気を配れる人がよいでしょう。

美容整形の看護師はきついとかつらいって本当?

美容整形の看護師の仕事はきついのでしょうか。

通常、美容整形の勤務形態としては日中勤務です。

一般の病院勤務だとあたりまえにある夜勤もありません。

そのため病院勤務よりは日々の生活リズムが整うでしょう。

夜勤をきついと感じる人にとっては、美容整形の看護師は楽に思えるはずです。

美容クリニックの看護師は美への意識があれば楽しい!

美容クリニックの看護師は美への意識があれば楽しい!

美容クリニックの看護師は、以下のような人に向いています。

  • 自分自身が美への意識が高い
  • 接客が好き

そして外科手術の経験がある看護師の場合は、美容外科の看護師がおすすめです。

逆に外科手術の経験がない看護師の場合には、美容皮膚科の看護師がおすすめと言えるでしょう。

最近は求人でもとても人気のある美容整形の看護師。

美への意識が高く、人と接するのが好き、また人がキレイになることに喜びを感じる人は、きっと楽しく仕事ができるでしょう。

シェアする
目次
閉じる