医療脱毛とは?通う回数や施術の流れ、費用相場を詳しく紹介【取材先:つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様】

脱毛紹介

夏に向けて特に需要が高まる医療脱毛。最近は、女性の美肌のためだけでなく、男性のひげ脱毛や介護脱毛などにも注目が集まっています。

今回は、医療脱毛を行なっているつくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様に、医療脱毛の施術内容や美容脱毛サロンとの違い、施術の流れなどを詳しく伺いました。

医療脱毛を受けてみたい方や詳しい情報を知りたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

医療脱毛の理想的な通う回数

どこの部位を脱毛したいかによって、通うべき回数は異なってきます。

男性のひげのような濃い部分は、10回ぐらいの通院が必要になることが多いです。

他にも、わきやVIOなどの毛が濃い部分の場合、10回以上の通院が必要なこともあります。

反対に、女性の手足や体のような比較的毛が薄い部分は、3〜5回の通院で完了することも多いです。

通うスパンとしては、毛の周期などにもよりますが、基本的には4〜6週空けて来院いただくようにお願いしています

通うスパンとしては、脱毛部位の毛周期などを考慮して、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックでは4〜6週空けて来院いただくようにお願いしています。

医療脱毛が完了したらどのぐらいの期間生えてこないか

どれだけ医療脱毛をしても、1本も毛が生えていない無毛の状態にするのは難しいです

例えばひげの場合、医療脱毛をすることで青ひげの状態を改善し、産毛が少し生えてくる程度になります。

例えば、元々薄い部分なら3〜5回程度、濃い部分なら10回程度で一旦脱毛が終了したあとに、産毛のような毛が気になるようになったらその都度追加して施術するといいかもしれません

医療脱毛と美容脱毛サロンの違いは?

医療機関で使っている脱毛の機械と美容脱毛サロンで使っている脱毛の機械は、そもそもの効果に差があります。

医療脱毛で用いる機械は、医療機関でのみ扱えるものという位置付けになっています。また、厚生労働省が脱毛に関する効果を承認している医療脱毛の機械もあります。

そのほかにも、日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関(FDA)が医療脱毛機として承認している機械もあり、これらは医師が個人輸入する形で日本でも使用が可能です。

効果が高く、高出力のレーザーの施術を受けるためには、美容脱毛サロンではなく医療機関で受けていただくことをお勧めします。

医療機関で医療脱毛を受けるメリット

医療機関で医療脱毛を受けるメリットは、高い効果が得られる以外にもあります。

それは、医師の診察が受けられるということです

特につくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様は、皮膚科が専門の医院ですので、アトピー性皮膚炎やニキビ、やけど、毛包炎などさまざまな皮膚疾患を日々診療しています。

そのような経験豊富な医師が在中する環境下で 、医療脱毛を受けることができる ので 、万が一の皮膚トラブルがあったときにも安心です。

もし美容脱毛サロンで施術を受けてヤケドなどの皮膚トラブルが生じてしまった場合「その治療は皮膚科に行ってください。」となるケースも多いです。

脱毛の施術によりヤケドが出てしま可能性も幾分かはありますので、医療機関で施術を受ける 方が適切なフォローを受けられるので望ましいでしょう

また、医療脱毛を提供している医療機関の中でも特に一般皮膚科も標榜している場所の方が皮膚疾患を含む皮膚全般への知見があるため、医療脱毛後の皮膚トラブルに対する対応や皮膚疾患を有する患者様に対する適切な医療脱毛の提供などの点においては、メリットがあります。

現在、医療脱毛専門のクリニックも多くありますが、これらのクリニックの医師が必ずしも皮膚科を専門的に研修しているとは限らないため、皮膚科領域に精通していない可能性もあります。

そのため、皮膚科クリニックも併設している場所で医療脱毛を行えば、皮膚全般に詳しい医師がいるので安心感があると言えます。

一概に脱毛と言っても、医療脱毛と美容脱毛サロンの違いだけでなく、医療脱毛の中でもクリニックによる違いがあるのです

脱毛する医院を選ぶポイントは?

皮膚疾患がない場合や皮膚トラブルがない場合などは、基本的にどのようなクリニックを選んでも問題ないとは考えています。

通われる患者様が気にされるポイントは、「料金」や「予約の取りやすさ」、「どんな機械を使っているか」などであると思われます。

そのため、上記のようなポイントでメリットに感じるクリニックを選んで大丈夫だと思います。

もし、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある方、脱毛後の毛包炎やヤケドなどの肌トラブルが心配である方は、適切なフォローが受けられる脱毛専門クリニックや、皮膚科医が在中しているクリニックを選んだりする方が安心だと思われます。

脱毛の最近のトレンドはありますか?

10〜15年ほど前は、整容的な目的に女性がうける脱毛が主流でした。

そのため、当初は男性が脱毛をするのはメジャーではありませんでした。しかし、最近はひげ脱毛をはじめとして各部位の脱毛を受ける男性がとても増えてきているのが特徴です。

また、整容的な目的であるVIO脱毛だけではなく、将来の自分が介護を受ける可能性を考慮してVIO 脱毛を行う 「介護脱毛」の概念も広がってきています

介護脱毛は、30〜40代の方々が実際に親の介護を経験する中で、陰毛に尿や便が付着するすることで介護する側の負担が大きくなることを知り、「自分が将来介護される側になった際に、陰部の脱毛を事前にしておくことで介護する側は少しでも楽になるだろうな。」と感じたところから広がったと考えています。

そのため、今のうちにVIO脱毛をしておく人が増えています。

この状態はは女性だけでなく男性にとっても当てはまり、VIO脱毛をする男性が増えています。 また、介護脱毛を意識せずとも、整容目的にVIO脱毛をしたい男性も増えてきています。

ただ、女性看護師では男性のVIO脱毛の施術を提供できないクリニックもあり、男性看護師のいるクリニックを探す必要があるかもしれません。

つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様では、約3年前から男性看護師を採用し、男性のVIO脱毛は男性看護師が行うことで対応されています

脱毛部位の施術割合は?

クリニックによって脱毛部位の設定も異なるため、さまざまなケースがあるかと思います。

つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックでは、細かい部位ごとに受けられるのが特徴です。具体的には、顔全体、口元、わき、うなじ、ひざ上・ひざ下など、パーツごとの値段も設定しているため、気になる部分だけを施術することもできます。

対して、他のクリニックでは、顔全体や全身やVIOなどいくつかの脱毛範囲の設定しか用意がない場合もあります。

そのため、一般的な施術の割合を評価することは少し難しいところがあると考えられます。尚、 つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックでは細分化している中のうち、男性の約60〜70%はひげ脱毛の施術です。

続いて10%前後ほどでVIO脱毛、という形になります。 また、女性の場合は、30〜40%で全身脱毛をされる方が多いです。あとは、夏に向けてワキ脱毛をされる方も多い印象です。

また 、VIO脱毛に関しては、整容面及び介護脱毛を併せて、30%ほどはいらっしゃいます。そして、「スカートから見えるひざ下のムダ毛が気になる」という方に関しては、ひざ下だけ脱毛される方もいます。

日本では脱毛の認知が高まっているが海外では?

現在の海外における脱毛の需要に関しては、詳しいデータを持ち合わせていないためわからない点もあります。

しかし、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックにて医療脱毛を受けている海外の方は、アジアや欧米など多方面出身の方々がおります。

脱毛を受ける部位は個人によって違うので、どの部位の脱毛が海外の方に人気があるといった大きな傾向は見られていません。

脱毛サロンの倒産などのニュースを見て思うことを教えてください

つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックでは倒産してしまった脱毛サロンでの契約が残っていたという多くの患者様が訪れています。

その患者様の話を聞くと、通い放題などのプランや格安キャンペーンで契約をしたけれども数回しか脱毛を受けられずに返金もなされないまま倒産してしまったという内容でした。

これらの脱毛サロンの実情に精通している訳ではないため、経営難に陥ってしまった理由はわかりませんが、店舗数の急拡大に伴う賃料や人件費の負担増及び広告費の増大など大きな支出があったのではないかと想像されます。

また、他の脱毛サロンや医療脱毛を行うクリニックの増加の影響もあり、新規顧客の獲得が難しくなってきているのかも知れません。

これらのニュースを受けて、脱毛を受けたいと考えている方の中には、「脱毛をコースで契約するのは怖い」という印象を受けている方もいるのではないかと思われます。

そのため、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様では、少しでも安心して脱毛を受けてもらえるように、コース契約ではなく1回ずつの料金設定にされています。

例えば5回コースに申し込んだものの、3回で脱毛が完了してしまったというケースがあります。この場合は、2回分の料金は無駄になってしまいます。

そのため、脱毛を受けたい時にその都度支払いをすることで、無駄な患者様負担を生じさせないようにするというのが、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックの考え方です。

その都度、気になる部位を気になった時だけ、という明朗会計の方が、それぞれの事情に合わせて施術が受けられて安心ですね。

また、場合によっては「行ってみたら広告より高かった」というようなケースもあるので、そのような齟齬が起こらないためにもつくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様では1回ごとの明朗会計を大切にされています

医療脱毛のクリニックを選ぶポイント

まずは、あまりにも安すぎる価格を謳っていないかどうかをチェックする方がいいのではないでしょうか。「安いからカウンセリングに行ってみたら、想定より高い料金の見積もりをされた。」というケースを耳にすることもあります。
よって、まず価格の相場感を確認するのことをおすすめします。

そのためには、複数の医療脱毛を提供しているクリニックの価格を比較し、その施術の相場感をしっかりと把握して、その相場内に収まっているクリニックを選ぶと良いと考えます。

また、コース制であるのか?都度払いであるのか?を確認し、コースであるとするならば契約内容がどのようになっているかを良く確認することも大切です。

そのほかの観点としては、前述と重なりますが、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある方、脱毛後の毛包炎やヤケドなどの肌トラブルが心配である方は、適切なフォローが受けられる脱毛専門クリニックや、皮膚科医が在中しているクリニックを選ぶ方が安心だと思われます。

医療脱毛の相場は?

つくば・ 土浦鶴町皮膚科クリニックでは、ひげ脱毛(両頬〜のど仏あたりの範囲)を1回12,000 円で施術しています。

他のクリニックで1回ごとの会計で施術されているところでは、1〜 2万円程度での施術が多いと思いますので、 つくば ・ 土浦鶴町皮膚科クリニックの価格は相場に沿っていて、比較的安い方であると言えるでしょう。

医療脱毛の施術の流れ

つくば・ 土浦鶴町皮膚科クリニックでは、 まず初回の予約を電話で取っていただ き、施術日に来院していただく流れとなります。予約当日に脱毛施術を提供しているため、施術日までに脱毛をする部位のムダ毛処理をして来院することになります。

来院後は、問診票を記入するとともに、注意事項が記載された説明用紙及び説明動画を渡されるので、これらを見ながら注意事項を一緒に確認していきます。

ここまでの流れで問題なければ同意書にサインをし、医師の診察を受ける流れです。
医師が既往歴や問診票の記載事項を確認し、問題がなければ、看護師による医療脱毛が実施されます。

脱毛終了後は、必要に応じて炎症を抑えるクリームを塗るなど処置を行います。これらが、終了したらお会計となります。
なお、2回目以降の脱毛予約は、電話もしくは院内の公式LINEから予約が可能となっております。

医療脱毛を受ける方の年齢

中高生で、ワキ毛や腕の毛が気になり来られるケースが増えています。場合によっては、小学校高学年の方なども、来院されることがあります。

小児が脱毛を望む理由の一つとしては、多毛によるイジメや外見に対するコンプレックスを抱えている場合もあります。

これらの問題に取り組むために、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニックでは皮膚科医による診察をした上で痛み等に問題がなければ小学校高学年の方に対しても脱毛施術をすることもあります。

とはいえ、10歳前後はまだまだ二次性徴の過程であり毛が成長をしている途中でもあるので将来的に毛が再生してくる可能性を説明し、納得いただいた場合には施術を行なっています。

また、男子高校生でひげが濃くなってきて気になっている方も、来院するケースが増えています。

つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様の医療脱毛の強み

つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様では、先ほどもお伝えしたように男性看護師が在籍しているため、男性看護師による男性のVIO脱毛が受けられるのが魅力です。

また、脱毛の機械が9台あり、土日は特に看護師を増員しているため、希望日に予約が取りやすいのも強みとなっています。

また、1回会計ごとの都度払い(現金及びクレジットカード利用可能)なので、満足したところで終了できるのも通いやすさの魅力です。

また、祝日や年末年始以外は、平日・土日問わず営業しているため、お仕事などの都合に合わせて予約が取れるのもポイントです。

医療脱毛を受けたいと思っている方は、つくば・土浦鶴町皮膚科クリニック様に一度ご相談してみてはいかがでしょうか

クリニックのお詳細はこちらから
HP  https://tsurumachi.jp
インスタ https://www.instagram.com/tsurumachi_hihuka/

鶴町 宗大副院長
個人インスタ
https://www.instagram.com/medical_dr_tsuru/

シェアする
  • URLをコピーしました!
目次