整形がなぜ普通!?韓国の美容整形事情

アジアの「美容大国」韓国。韓国の女性は、顔も肌もキレイなイメージがありますよね。憧れている人も多いのではないでしょうか。韓国では元々、美容整形が就職に有利とされる概念があり、高校を卒業したら「整形をする」文化がすでに成り立っています。

2004年頃から韓国ドラマ『冬のソナタ』が日本で大ヒットし、韓国ブームが訪れました。2021年になった現在もそのブームは続いており、むしろ更に熱を帯びている状況です。韓国ドラマだけではなく、K-POPの人気とともに美容分野へも広がりをみせているのです。

年齢関係なく「私も韓国人のような顔になりたい」と思う人が増えました。日本では整形においてそれほど寛容ではなかった文化が、変わりつつあることも否めません。
韓国の美容整形は、なぜ、それほどまでも能動的なのか。韓国の美容整形事情をご紹介します。

目次

韓国人の整形に対する意識とは

そもそも、韓国人は「整形」に対してどのようなイメージをもっているのでしょうか。韓国の文化を含めてみていきましょう。

容姿端麗が就職に有利

韓国では、容姿が就職に影響するといわれています。企業が容姿を採用基準として堂々と公表したりすることもあります。韓国の人事担当者は、女性は容姿で採用を優先すると噂されるくらい外見は重視されているのです。

ですので、今では高校生で整形する女性もいるのだとか……。また、大学入学前に親が整形をプレゼントすることもあります。

韓国では、化粧をする感覚で整形する文化がすでに整っているといっても過言ではありません。

整形について肯定的意見が多い

整形が文化ですから、否定的な意見をいう人はいません。むしろ肯定的なのが韓国での考え方です。有名な美容外科や美容外科医も多く存在し、整形に対する価値観は日本とは大きく異なっています。

「自分自身のコンプレックスが解消されるなら良い」という意見が圧倒的! 鏡を見るたびにキレイ・かわいいと思うことで、人生が変わることは多少なりとも充足感が味わえるのでしょう。

外見についてズバズバと言う

韓国に留学経験のある日本人が「どうして整形しないの?」と言われたという話を聞いたことがあります。

それは、悪気があるわけではなく、整形が当たり前のものとして捉えている韓国人にとっては、整形しない人に対して疑問をいだくことは当然なのかもしれません。

日本では友達同士であっても、外見のことを意見することはなかなかないことですよね。しかし、韓国では、打ち解けてくると身体的なことを隠さずにストレートに言う傾向があるのです。

「歯並びが悪い」「目が小さい」「痩せた方がいいよ」など…ズバズバと……。

このように、顔や体型に対して触れることが普通なので、必然的に容姿への意識が高くなるといえますよね。韓国人と接することに慣れていない人にとっては、急に外見を否定されると吃驚してしまいそうですが、人間性なので気にしないようにしましょうね。

整形大国だから発展した文化

このように外見至上主義である韓国だからこそ、発展した文化もありますよ。
それは、日本にも大きな影響を与えることばかり。心あたりのある人も多いはずです!

自撮り文化

自撮り文化は、SNSの発展とともに普及されていきました。2003年頃に韓国から流行り始めたと考えられています。

韓国の女性たちは自らの顔写真を投稿することにあまり抵抗を感じることはありません。韓国の街では、自分に向けて写真を撮ったり動画を撮ったり、電車の中でも撮っている人がいます。

最近では、加工アプリなどが登場し、日本の女性も顔を隠すことに躊躇することが少なくなったことは明らかですが、それでも恥ずかしさはあるのではないでしょうか。しかし、韓国人は堂々と投稿することが普通。日頃から外見を意識し、自分に対して自信をもっている表れだといえますね。

韓国初の人気アプリ

自撮りに関するグッズやツールが発達したのも、このような背景があるからではないでしょうか。2015年にはセルフィーといわれる「セルカ棒(自撮り棒)」が韓国でヒットし、世界中に広がりました。日本でももちろん流行りました!

また、自撮り写真を加工するためのアプリも普及。日本の若い世代に流行したのが「SNOW(スノウ)」です。自分の顔写真にアイテムをつけたり、似ている有名人と比較したりと楽しめるコンテンツもあります。

このような商品からも、韓国の美意識の高さがうかがえます。

安くて高性能!!コスメ文化

日本人の女性にとって、常識的に愛用しているのが韓国コスメ。韓国コスメはプチプラから高級コスメまでさまざまですが、効能が良いことでも人気が高いのは事実です。

たとえば、BBクリームを塗るだけでシワやシミを隠すことができたり、美白効果のあるマスクシートで肌をキレイにしたり、韓国の若い女性のメイクまで真似する日本人を街で見かけるようにもなりました。

現在は、企業による製品が韓国の化粧品文化として定着しており、韓国コスメ=美意識が高いというイメージが根付きつつあるということができます。

最新の韓国美容整形事情

韓国では美容整形したことを隠す人はあまりいません。

近年は、日本でも整形文化が普及して、プチ整形などをする人もいますが、堂々と整形を告白する人は、まだ少ないですよね。

韓国では気軽におこなわれる美容整形の最新情報をまとめました。
整形に興味がある人は必見です!

美容整形はパーツごとに違う科へ

韓国には「整形通り」といわれるところがあるのはご存知ですか?
韓国の街では、あちらこちらで美容整形外科の広告を見かけます。特にソウルの江南(カンナム)のあたりです。

当然、整形をおこなうには基本的には整形外科にいきますが、そこですべての施術をするわけではありません。内容によっては、パーツごとに違う科にいくというのですから念の入れようは凄まじいですね。

皮膚科や眼科で整形をおこなう人もいるようです。

整形費用は日本よりも安い

整形する箇所にもよりますが、顎や骨格までを治すなら、韓国であれば100~200万ウォンくらい掛かります。日本円で10~20万程度になります。

同様の施術を日本でおこなうと、100万は超えるので韓国で整形した方が断然安いことがわかります。だから、日帰りでもいける韓国で整形する日本人が多いと推測できます。

渡韓整形に注目!整形を斡旋する職業がある!?

「渡韓整形」とは、文字通り韓国にいって整形すること。最近は日本の著名人でも整形を公表するなど、整形に対するネガティブな考え方も変わりつつあります。韓国の美容に対する価値観に共感し、心の拠り所として捉えている日本人女性も少なくありません。

誰だってキレイを手に入れたいですもんね!

日本人を韓国に引き寄せるのは、何といっても「整形費の安さ」。今は、メスを使わない整形や、ヒアルロン酸によるリフトアップなど恐怖をいだくことなくできるのが大きなメリットです。

韓国には、整形を紹介するビジネスがあり、日本人が韓国に在住し斡旋することもあるのだとか。それほど、韓国で整形をする人の需要が高くなった証拠といわざるを得ません。
圧倒的な手術の事例とクリニックの多い韓国、そして口コミによって、安心して渡韓する女性が増えているのです。

まとめ

いかがでしたか。

韓国の美容整形事情についてご紹介しました。

「美」は女性にとっては大切なこと。「キレイな顔を手に入れたい」「スタイルが良くなりたい」と望むことは必然的な現象です。そんななかで、すでに美容整形が文化として当たり前に普及している韓国に憧れをもつ人は多いといえます。

日本でも、表には出さないけど外見主義的なところはありますよね。韓国のように美容整形がもっと身近な存在として定着することを望んでいる人もいるはずです。若い人だけではなく、「アンチエイジング」として整形を考える40代以上の人もいるでしょう。

日本も韓国と同じように、「整形大国」といわれる日もそう遠くはないのかもしれません。

シェアする
目次
閉じる